書道家 中村さん

先生の職業は?


書家(書道家)


どうしてこの職業についたか教えてください


最初は他の職に就いていましたが20歳前後からこの道に自然と入っていました。ご先祖様も書道や絵をかかれていたのでその影響かもしれません。


こどものころはどんな子でしたか?


子供の頃から書くことが好きで、よく賞をもらっていました。

 

この職業について大変だったことは?


いい筆や紙が数十万もした。若い頃の私にはとても高額でなかなか手がとどかなかったんです。

 

この職業についてよかったこと・うれしかったことは?


書いている時が一番嬉しいです。人に頼まれて書く時は本当に
ワクワクします。老人ホームに書を教えに行くこともあります。

その時お年寄りが私の訪問を喜んでくれて、手を握ってくれるのですが、その手に『欲』『得』がないんです。不思議です。100歳近い方の書をみて素晴らしさに感動したり自分はまだまだだなと悟ったり、書を通じて色々なことを学びいろいろな方との出会えることが本当に嬉しいです。

 

この職業につくために必要な力は?


日々の向上心


はたらくとは?


生きること。

 

子供達へのメッセージ


『今でしょ!』今を精一杯生きてください。
それと物を大切にしてください。


今後やってみたいこと


書家である娘と一緒に作品展を開いてみたいと思っています。

 

以上ありがとうございました。


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    真殿和美(まどのかずみ) (月曜日, 02 2月 2015 09:52)

    100才の無条件な真心の書に感動される先生に会ってみたい、お話ししたいと思いました。父→娘に繋がる技術でない《書くという行動を通して繋がる愛こそ同じ地球に生まれた無条件な命の感謝》の交流(父娘展覧会)は、きっと、鑑賞する者の心を感動させて癒してくれると思います。
    その時はぜひ教えて下さい
    090-8193-9221